« 本当に嬉しい出会い | トップページ | 埋葬の唄について少しだけ »

2015年11月30日 (月)

心が全ての鍵を握っている

年末のワンマンライヴまで1ヶ月をきりました!!

ファンの方がまたSoundcloudにMachuPicchuの楽曲をアップして下さいました!

「心が全ての鍵を握っている」のサビ部からの抜粋編集ですが

折角なので「心が全ての鍵を握っている」の楽曲エピソードを少し書きたいと思います。

「心が全ての鍵を握っている」は1994年からライヴ会場で演奏され、2008年アルバム「鳥のように」に収録リリースされた楽曲です。この曲は初めてスクーバダイビングを経験し海の中に身を置いた時に生命の誕生は海から始まった知識とイメージの中で「確かに昔、僕たちはここにいた…」そう感じ、原始の海の中で進化の途中で他の生命体に寄生する事を選択したミトコンドリアの存在が一気にフラッシュバックしました。我々人類の細胞にもミトコンドリアが存在する事がそうさせたのかもしれません。「心が全ての鍵を握っている」のイントロはまさにミトコンドリアが寄生を選択した世界観を表現したものです。心臓移植した人がなぜか移植前とは別の記憶を持ったり食事の好みが激変したり、調べてみるとドナーの記憶と食事の好みと一致している。そんな不思議な話を聞いた事が有ります。心臓は脳の命令よりも単体で自立して動いている臓器らしく、なんとそれを支配しているのがミトコンドリアという説も有るみたいです。楽曲「心が全ての鍵を握っている」はミトコンドリアという原始生命体の存在と共生、そしてそれが我々の心臓を支配し記憶までも支配しているかもしれない壮大なイメージを元に、昔から「病は気から」と言うことわざが有る様に、我々は確かに何かに支配され動かされているのかもしれない、でも「気持ち」が自分自身を支配しうるのでは?そう「心が全ての鍵を握っている」のではないか?そう思うのです。とても難しい事ですが、「心頭滅却すれば火もまた涼し」なのでは無いでしょうか?楽曲「心が全ての鍵を握っている」は生命の神秘から端を発し自分自身は「心」をコントロールする事で目の前の出来事を白にも黒にも感じる事が出来るのでは?つまり目の前の出来事、この世の全ての現象もまた真理とは別かもしれませんが「心が全ての鍵を握っている」のではないのでしょうか?

そんなメッセージを込めた楽曲です。

今年最後のステージです!是非

2015.12.29(火)

ライヴタイトル「帰り道」

会場:大塚Welcomeback

開演19:00~予定

詳しくはhttp://homepage3.nifty.com/MachuPicchu/nextlive.html

« 本当に嬉しい出会い | トップページ | 埋葬の唄について少しだけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196130/62778926

この記事へのトラックバック一覧です: 心が全ての鍵を握っている:

« 本当に嬉しい出会い | トップページ | 埋葬の唄について少しだけ »